《作品解説》鼓動

2021年10月06日

鼓動

「死」があるからこそ、生命は永遠である。「死」がなければ、「生」もないのだから。
全ては繋がっている。誰かの「死」の上に、誰かの「生」が成り立っているから。
それでも「まだ生きたい」と思う。「まだ生きていてほしい」と願う。

 
 この作品は大木の朽木(御神木)をモチーフに生物が残す「痕跡」や「記憶」を描いたものだ。根の方しか残っていないこの木はもう新しく枝を伸ばすこともなければ、樹液を出し、日の光に呼吸することもない。同じように、私の祖母の鼓動はもう聴くことができない。その腕に抱かれることも、子守唄を歌ってもらうことも。そういう時間は限られているから。鼓動が脈打つのをやめることを「死」とするならば彼らは死んでいる。私もいつかは死ぬ。それでも祖母の腕に抱かれながら聴いた鼓動は今でも私の記憶の中で脈打っている。

命あるものは生きねばならない。失われた者たちの命を背負って。


制作年 2021

サイズ 97×115cm

技 法 型染・糊防染

素 材 綿

色 材 顔料・墨汁


"Kodou" (Pulse)

Because there is death, life is eternal. Without death, life does not exist. Every life has a way of bonding, and one's life exists at the cost of another's death. Yet, one hopes to live while hoping others to live still.

This work depicts the "traces" and "memories" left by living creatures with the motif of a giant decaying tree (Mikamiki). This tree, with only roots left, no longer grows new branches, produces sap, and does not breathe in the sunlight. Similarly, I can no longer hear my grandmother's heartbeat, be held in her arms or hear her singing a lullaby. Precious time like this is limited. If the "death" means to stop the heartbeat from pulsing, she is dead, just like I will eventually. The heartbeat I heard while being held in my grandmother's arms is still pulsing in my memory. Those who live must keep living while carrying the lives of those who have been lost.

Year: 2021

Size: 97x115cm

Technique: Katazome and Noribousen (Stencil Dyeing)

Material: Cotton

Colouring Material: Pigments and Ink